So-net無料ブログ作成

酔生夢死の世の中を渡るには、それなりの覚悟と知恵がいる。そんな覚悟も知恵もなく歩んできた人生の好きなことを、好きなように書き散らしました。

多様な法則 [エッセー]

                 多様な法則

 世の中には多種多様な法則がある。法則とていっても、いかなる場合にも必ず当て嵌まる万有引力や熱伝導などの物理的法則や2H2 + O2 → 2H2Oというような化学反応の法則などがある。
 また「熱力学第二法則」あるいは「エントロピー増大の法則」というものがある。「熱力学第二法則」というと理解不能だが、「エントロピー増大の法則」というのは、秩序ある状態(エントロピーが小さい)から無秩序(エントロピーが大きい)という一定方向にしか働かない、つまり不可逆であるという説明だとなんとなく理解できたつもりになる。
 自然法則というものは山ほどあるが、中学の数学でさえ解けないようなお粗末な頭脳しかない私には、理系の話は無縁のものである。もっとも、積分というのは分かったつもりになることであり、微分とは微かに分かることだという例え話は理解できる。
 しかし、世の中にある法則は自然法則だけではない。「経験則」という法則もあるのだ。
人間が経験したことや社会で起きている現象を分析すると、ほぼそのような傾向が見られるというのが「経験則」である。
 その代表的なものが「パレートの法則」と呼ばれるものだ。これは別名「80対20の法則」とも呼ばれる。
「パレートの法則」と「80対20の法則」とは、厳密には別物だということらしい。しかし、世間では同一視されているし、そのような解釈でも特に問題はないだろう。
 パレートの法則とは、「市場経済の出来事の80%の結果は、わずか20%の要因が影響している」というものである。
 会社の仕事で、みんなも使った経験はあるだろう。たとえば、売り上げの分析に応用するとこうなる。売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。ABC分析といって、在庫管理で重点管理をする部品は、金額で上位20%に絞り込めばよい。その他は定量発注にすれば在庫管理の無駄を省ける。また、品質管理ではパレート図というものを使う。
 また、一般に 「悪貨は良貨を駆逐する」として知られている、「グレシャムの法則」というのも有名だ。貨幣の額面価値と実質価値に乖離が生じた場合、より実質価値の高い貨幣が流通過程から駆逐され、より実質価値の低い貨幣が流通するという法則である。
 なお、言うまでもないことだが、自然法則には例外はない。しかし、経験則には例外は付き物である。
 さて、そのような経験則の中には様々な面白いものがあるが、ここでは二、三の例を取り上げたい。
 まずは、「ザイアンツの法則」と呼ばれるものを取り上げよう。米国の進学者ロバトー・ザイアンツは、25年間一緒に生活した夫婦の顔の表情が、お互いに似るかどうかという研究をした。55組の夫婦、つまり110人に、結婚当初と25年後の写真を持ってきてもらった。それを大学生に比較してもらったところ、お互いの表情が似通ってきたと答えたのだ。ザイアンツは、最初は食生活や環境などを重要な要素と考えたが、それは否定された。最終的には「相手の考えや主張にお互いが共感を覚える」と考えた。つまり、「感情移入」を原因と考えたのだ。
 長年連れ添っていると、相手の考えや感情が分かってくる。したがって、気持ちとか感情は、顔の表情を通じて伝達されるというのだ。
 もうひとつゴットマンの法則というのがある。これは、結婚生活を成功させる7つの法則である。
1 相手の考え方や感情をよく理解すること。
 相手の夢や希望、興味を無視しては、どこかで躓く。
2 相手に対する愛情と賛美の精神を涵養すること。
 考え方の違いや性格の違いを理解し、自分の主張ばかりを押しつることをしない。
3 相手から逃避せずに向き合うこと。
 理解と歩み寄りは人間関係の基本である。
4 相手からの影響を受け入れるようにする。
 治部のアイデンティティーを保ちながら、相手のことも受け入れる。
5 夫婦間で解決できることは必ず解決すること。
 抱きようも必要だ。
6 お互いに行き詰まっているなら、それられを話し合いで解決すること。
7 二人で分かち合える人生上の意義を作りだすこと。

 多様な法則が世の中にはあるものだ。それらの法則を知っていれば、多少は苦労を減らすことが出来るかもしれないが、何事にも例外は付き物である。ただ、ウサギとカメの話を教訓にしているだけでは駄目である。努力は絶対に必要なのだが、努力もせずに生きている馬鹿は数少ない。殆ど全ての人はそれなりに努力しているのである。だから、「頑張れ」という応援はしなくてもいい。それよりも、いろいろな法則をそっと差し出すのは良い手段であろう。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。