So-net無料ブログ作成

酔生夢死の世の中を渡るには、それなりの覚悟と知恵がいる。そんな覚悟も知恵もなく歩んできた人生の好きなことを、好きなように書き散らしました。

教育勅語 [現代詩]

教育ニ関スル勅語
Know ye, Our subjects:

朕(ちん)惟(おも)フニ、我ガ皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)、國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、徳ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ。
私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。
Our Imperial Ancestors have founded Our Empire on a basis broad and everlasting and have deeply and firmly implanted virtue

我ガ臣民(しんみん)、克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ、世々(よよ)厥(そ)ノ美ヲ済(な)セルハ、此(こ)レ我ガ國体ノ精華(せいか)ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)、亦(また)実ニ此(ここ)ニ存ス。
そして、国民は忠孝両全の道を完うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、美事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
Our subjects ever united in loyalty and filial piety have from generation to generation illustrated the beauty thereof. This is the glory of the fundamental character of Our Empire, and herein also lies the source of Our education.

爾(なんじ)臣民、父母ニ孝(こう)ニ、兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ、夫婦相和(あいわ)シ、朋友(ほうゆう)相信ジ、恭倹(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ、博愛衆(しゅう)ニ及ボシ、学ヲ修メ、業(ぎょう)ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓発シ、徳器(とっき)ヲ成就(じょうじゅ)シ、進ンデ公益(こうえき)ヲ広メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲ヲ重(おもん)ジ、國法ニ遵(したが)ヒ、一旦緩急(かんきゅう)アレバ、義勇公(こう)ニ奉(ほう)ジ、以テ天壌(てんじょう)無窮(むきゅう)ノ皇運ヲ扶翼(ふよく)スベシ。
国民の皆さんは、子は親に孝養をつくし、兄弟、姉妹はたがいに力を合わせて助け合い、夫婦は仲むつまじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じあい、そして自分の言動をつつしみ、すべての人々に愛の手をさしのべ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格をみがき、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心をささげて、国の平和と、安全に奉仕しなければなりません。
Ye, Our subjects, be filial to your parents, affectionate to your brothers and sisters: as husbands and wives be harmonious, as friends true; bear yourselves in modesty and moderation; extend your benevolence to all; pursue learning and cultivate arts, and thereby develop intellectual faculties and perfect moral powers; furthermore advance public good and promote common interests; always respect the Constitution and observe the laws; should emergency arise, offer yourselves courageously to the State; and thus guard and maintain the prosperity of Our Imperial Throne coeval with heaven and earth.
是(かく)ノ如(ごと)キハ、独(ひと)リ朕ガ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民タルノミナラズ、又以テ爾(なんじ)祖先ノ遺風(いふう)ヲ顕彰(けんしょう)スルニ足ラン。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然のつとめであるばかりでなく、また、私達の祖先が今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、更にいっそう明らかにすることでもあります。
So shall ye not only be Our good and faithful subjects, but render illustrious the best traditions of your forefathers.

斯(こ)ノ道ハ、実ニ我ガ皇祖皇宗ノ遺訓(いくん)ニシテ、子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守(じゅんしゅ)スベキ所、之(これ)ヲ古今ニ通ジテ謬(あやま)ラズ、之(これ)ヲ中外(ちゅうがい)ニ施(ほどこ)シテ悖(もと)ラズ。
このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、このおしえは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、まちがいのない道であります。
The Way here set forth is indeed the teaching bequeathed by Our Imperial Ancestors, to be observed alike by Their Descendants and the subjects, infallible for all ages and true in all places.

朕、爾臣民ト倶ニ拳々(けんけん)服膺(ふくよう)シテ咸(みな)其(その)徳(とく)ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。
私もまた国民の皆さんとともに、父祖の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。
It is Our wish to lay it to heart in all reverence, in common with you, Our subjects, that we may all thus attain to the same virtue.

明治二十三年十月三十日
The 30th day of the 10th month of the 23rd year of Meiji (1890)

御名(ぎょめい)御璽(ぎょじ)
(Imperial Sign Manual. Imperial Seal)
________________________________________

参考
『昭和天皇の教科書 教育勅語』杉浦重剛、勉誠出版
口語訳は国民道徳協会の訳文による(対訳用に一部変更)
英訳は、明治40年の文部省発表による

スペイン語の諺から考えるその1 [エッセー]

  El encuentro es el principio de la separación.
  会うは別れの初めなり。

  勧 君 金 屈 巵
  満 酌 不 須 辞
  花 発 多 風 雨
  人 生 足 別 離 
 
  君に勧む 金屈卮
  満酌 辞するを須いず
  花発いて 風雨多し
  人生 別離足る

  于武陵 『勧酒』

  これを井伏鱒二はこのように訳した。あまりにも有名な名訳である。

  コノサカヅキヲ受ケテクレ
  ドウゾナミナミツガシテオクレ
  ハナニアラシノタトヘモアルゾ
 「サヨナラ」ダケガ人生ダ

  そして、寺山修司はこのように書いた。
 
 『さよならだけが人生ならば』

  さよならだけが人生ならば また来る春は何だろう
  はるかなはるかな地の果てに咲いている野の百合何だろう
  さよならだけが人生ならば めぐり会う日は何だろう
  やさしいやさしい夕焼と ふたりの愛は何だろう
  さよならだけが人生ならば 建てた我が家なんだろう
  さみしいさみしい平原に ともす灯りは何だろう
  さよならだけが人生ならば 人生なんか いりません。

  私のように還暦を過ぎた人間には、もう寺山修司のような物の見方は出来ない。既に、井伏鱒二 
 の名訳の世界をいくつも経験しているからだ。

  無常迅速である。
  

『菜根譚』前集第三十二項から [エッセー]



 居卑而後知登高之為危。
 処晦而後知向明之太露。
 守静而後知好動之過労。
 養黙而後知多言之為躁。
 卑(ひく)きに居(お)りて而後(しかるのち)高きに登るの危きを知る。
 晦(くら)きに処(お)りて而後(しかるのち)明るきに向うの太(はなは)だ露(あらわ)るるを知る。
 静(せい)を守りて而後(しかるのち)動を好むの労(ろう)に過ぐるを知る。
 黙(もく)を養いて而後(しかるのち)言の多きの躁(そう)たるを知る。
 低いところに居るからこそ、高いところに上るのだろうが、危険をわきまえておくこと。
 暗いところに居るからこそ、明るいところに出るだろうが、でしゃばりをわきまえておくこと。
 静けさを守っていたからこそ、動きたくなるだろうが、働き過ぎをわきまえておくこと。
 言葉少ないを守っていたからこそ、多弁の騒がしさをわきまえておくこと。
 
 つまり、活人は、対極に在る時に学び、対極に行きて活かすという戒めを忘れてはならない。
 言い換えれば、欲望に任せた過剰反応、反動は厳に謹む事を心がけねばならない。

『菜根譚』前集第十三項から [エッセー]



 経路窄処、留一歩与人行、滋味濃的、減三分譲人嗜。
 此是渉世一極安楽法。
 経路窄き処は、一歩を留めて人の行くに与え、滋味濃やかなるものは、三分を減じて人の嗜むに譲る。
 これはこれ、世を渉る一の極楽法なり。
 狭い小道では、他人に一歩を譲り、美味しい物は腹七分で満足して三分を他人に分け与えるのが、世の中を楽に楽しく生きて行く秘密の方法である。
つまり、これこそが謙譲の美徳と現世利益なのだ。
 言い換えれば、活人は、足るを知り、足るを知らしめよ、ということ。
 真の幸福とは自分に回ってきた幸福を惜しみなく他人にお裾分けする人だけが味わえる。お裾分けをしないひとは吝嗇だ、ケチな奴だと陰口をたたかれる。他人に少しだけ譲歩すれば、謙虚な人だと褒めて貰える。勿論、良い評判や褒めて貰うことを目的として譲歩したり、幸福のお裾分けをしたりするのではだめである。原因と結果を見誤ってはならない。


『菜根譚』前集第六項 [エッセー]



『菜根譚』は明の時代の支那人、洪自誠が著した書物であり、私にとっては『徒然草』と並んで老後に読むべき書物の第一であろうと思われる。

 疾風怒雨、禽鳥戚戚。霽日光風、草木欣欣。
 可見天地不可一日無和気、人心不可一日無喜神。
 疾風怒雨には、禽鳥(きんちょう)も戚々たり。霽日(せいじつ)光風には、草木も欣々(きんきん)たり。
 見るべし、天地に一日も和気なかるべからず、人心に一日も喜神なかるべからず。
 嵐の日は鳥までも寂しく悲しげで、晴れた穏やかな日は草や木も楽しげです。
 自然にはたとえ一日でも穏やかで和らぐ日がなければならないし、人の心もたとえ一日でも天真爛漫に喜ぶ気持ちがなければならないのです。
さて、「和顔愛語」とは『大無量寿経』にある言葉だそうだ。穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接することを意味するそうである。
穏やかな笑顔で語りかけられたら、中味が他愛のない会話であっても、話す方は気持ちよく話せる。しかし、語る内容がどんなに立派で非の打ち所のないものであっても、厳つい顔と厳しい言葉で話されれば、聞き手は反撥を覚える。人というのはそういう生き物なのである。
だから、常に自分を省みなければならない。明るく楽しい気持で生きているか。笑顔で人に接しているか。
いずれの日にかはこの世を去るのが生物の定めである。それなら、やはり笑って明るく生きようではないか。

最も暗い時 [エッセー]


 A lo más oscuro, amanece Dios.
 
 最も暗い時に 神は夜を明ける。
 
 日本の諺では、「天道 人を殺さず」と言うのが最もちかいのだろうか。天と地を成り立たせている道理は、まじめで、素直な人間を見ていながら、その人を 捨てて顧みないような無慈悲なことはしないということ。
 さて、「天道」とは何だろか。お天道様とも言うように、天道は「てんとう」とも読み、これは一般的に太陽そのものを指すのだが、ここでは、「天の摂理」などの人智を超越した采配のことだと思えば良い。
「止まない雨はない」、あるいは「明けない夜はない」と思って歯を食いしばって自分に出来ることをやり抜けば、自然と周囲の人が認めてくれる。
 周囲が認めるという事はそれなりに助けがあると言うことだ。

 英語の諺にはこうある。
 God helps those who help themselves.
 天は自ら助くる者を助く

 他人に頼らず、自立して努力する者には天の助けがあり、必ず幸福になるという意味。怠惰な者には、決して幸福は訪れないということ。

償い [エッセー]

 A cada cerdo le llega su San Martín.
 
 どの豚にも その<サン・マルティンの日=豚を殺す季節>がやって来る。
 (誰にもが過ちの結果を思い知らされる時が来る。)   
 
 自分が犯した過ちは自分が償わねばならない。とは言うものの、この世の中は不条理と矛盾に満ちているが故に、たまにはこの鉄の掟を逃れて、一生を幸せに暮らす人間がいる。
 だが、そういう人もその子孫がやがてはいずれの日にか、悲惨な人生を強いられることになる。これを言葉で証明するのは困難だが、仏教にはそういう教えがある。これを「三世因果」と言う。
 まず「三世」というのは、過去世、現在世、未来世のことである。「過去世」とは、私たちが生まれる以前のすべての過去を指し、「現在世」とは、この世に生を受けてから死ぬまでを指す。「未来世」とは、永遠の死後を指す。私たち一人一人に、この悠久の過去と永遠の未来があると仏教では説かれている。過去・現在・未来の三世を貫く生命があると言うのだ。

 さて、「生まれた」という結果の原因は何処にあるのだろうか。「過去世や未来世なんかないよ」という人もいるだろうが、私たちが生まれたということはまぎれもない「結果」である。そうであれば、どうして私は日本人のひとりとして生まれたのか。鎌倉時代や江戸時代、あるいは平成の御代ではなく、昭和時代に生まれたのだろうか。病弱で生きているのがやっとというような肉体と貧弱な頭脳、かけっこをすれば必ずビリというような体で生まれてきたのはなぜか。
 釈尊の言葉にはこうある。
「汝ら、過去の因を知らんと欲すれば、現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲すれば、現在の因を見よ」(過去に、どんな種まきしてきたかを知りたければ、現在の結果を見なさい。未来、どんな結果が現れるかを知りたければ、現在の種まきを見なさい、分かるであろう)
 つまりは、「善因善果、悪因悪果、自因自果」の厳粛な因果の道理に従い、私たちの過去世の行為が現在世の私たちの境界(きょうがい)を生み出したのである。
 さて、スペインでは11月11日は「サン・マルティンの日」であり、フランスでは聖マルティヌスの日と呼ばれるこの日は、「収穫祭の日」である。
 スペインではこの日にブタを屠殺・解体して冬に備える慣わし、マタンサがある。このため、「それぞれのブタにサン・マルティンの日が来る」ということわざがある。ブタのような見下げ果てた人間にもいずれ悪事のツケが廻ってくる、という語意である。
 私達は「豚のように見下げた人」になってはならない。人間として誇り高く生きねばならない。それでも、やはり自分撒いた禍は、自分で刈り取るしかないのだ。


愚人の見るは恐ろし [現代詩]

 愚人の見るは恐ろし おのれに利欲あれば、人もその心を以て見るなり。深きは色を以て見るなり - 至道無難

 愚かな人間は、自分が卑しければ他人もみなそうだと決めつけ、淫欲が強ければみなも淫乱だと判断する。愚人とは、このように視野の狭い人間をいうのだろう。

 人の価値観は人それぞれである。金儲けを最優先で考える人には、純粋に趣味に全力投球する人の気持ちが理解出来ないだろう。中には趣味を活かしながら金儲けをする人も居るが、その場合は金儲けが最優先ではない。金よりも異性に興味が集中する人は、年がら年中異性のことを考える。異性のことには全く興味を示さないが、食べることが大好きという人もいるだろう。
そして、人の能力またそうだ。計算に強い人、運動神経が抜群な人、語学が上手な人、写真の上手な人、それぞれだ。中には何でも器用にこなす器用貧乏も居る。
道具だってそうだ。体重を量るのに物差しは使えないし、身長を測るのに体重計は使えない。

 人間の最悪の罪は、この「愚」である。そして、利欲と色欲がその次の敵だ。ずっと年を取って色欲もなさそうな枯れた人でも名誉欲がある。人は欲望の塊なのである。